外国産のカニが美味しい理由!

 

カニは日本の北海道などで獲れるもの以外に、
ロシアやカナダなどの外国にて獲れるものもあります。
カニの通販ショップを見てみますと、
種類ごとに国産と外国産が混じっていることが少なくありません。

 

食品については国産のものの方が安心であり価格も高くなる傾向があるように思われますが、
カニに関しては必ずしもそうとは言いきれないようです。
カニの生息する場所として、より低い水温のところで育ったものであればあるほど、
高い品質となる傾向があります。
水が冷たくなることで、より一層身肉の甘みが増加するんですって。

 

ロシア産の蟹!

 

外国産のカニとしてよく見かけるのはロシア産やカナダ産のものですが、
ロシアやカナダは日本よりも北にあることから、海水の温度も低くなります。
そのため、低い水温で育つことになりますので、旨味や甘味が濃くなるのです。

 

そして外国産のカニは、国産のカニと比べて価格が安くなることが多いです。
やはりその分多く生息するということが理由になります。
それから外国産のカニが食べているエサは、
日本の海のエサとなるものと比べて質が良いとも言われています。
そのため、カニそのものの質がアップするということにもつながるようです。

 

もしも仮に、ロシアやカナダなどのカニと日本の北海道などに生息するカニがバトルをしたら、
ひょっとすると外国産のカニの方が強いのではないかという想像もしてしまいますよね。
実際にバトルをするかどうかは別の話ですけど。

 

カニといえば、あまり日常的に食べるというよりも、
お祝い事やパーティーなどで食べることが多い食材といったイメージがありますよね。
そのため滅多に食べる機会がないという方もいるかもしれませんが、
外国産のカニは国産のカニに比べて安く購入できることもあり、満足いくまで食べれちゃいます。

 

鍋料理にカニが入っているというだけで非日常感がアップすることもありますから、
ぜひ買ってみて外国産のカニというだけで偏見を持たずに食べてみると良いですよ!


このページの先頭へ戻る