カニをお得に買うなら、年末年始?

 

年末年始の風物詩として必ず取り上げられるのが、東京の上野にあるアメ横の風景です。
たくさんの人が買い物でにぎわい、その中を独特のだみ声が響き渡ります。
特にカニは多くの方が買い求める食材です。

 

アメ横!>

 

少し前の話では、北海道の漁港などにてハレの日にカニを食べて
お祝いするという風習があったようですが、実際に全国的に広がることになるのは、
流通網の整備や冷凍技術の発達があってからの話となるそうです。

 

以前は産地でしか食べられなかった秋刀魚の刺身や生しらすといった食材が、
今ではスーパーや回転すしでも手軽に味わえるようになったほどですからね!

 

年末年始にカニが出まわる理由には、そうした風習が広まったこともありますが、
カニの旬が冬場にあるというのも関係しているでしょう。
もちろんカニ自体は年中どこかで食べることができますし、
夏場に旬を迎える花咲ガニや毛ガニのようなカニも存在します。

 

ちょうど冬場に旬を迎えるタラバガニやズワイガニを味わいたいという
ニーズとタイミングが合ったからというのもあるのでしょうね。

 

かに鍋

 

そして年末年始といえば、自宅などで帰省した家族が集まるというのももちろんあるのですが、お歳暮としてその年一年でお世話になった方にカニを送るというのが増えているという理由もありそうです。

 

もうひとつには、外国産のカニが出回っているというのもあるでしょう。
特に通販ショップにて手軽に現地の味が味わえるようになっていることもあり、
カニそのものの敷居が低くなっているのも影響しているのではないでしょうか?

 

私もかなりお世話になっている訳あり商品などで、安く購入できるのも年末年始にカニが出まわる理由の一端を担っているのかもしれません。

 

通販ショップは、流通経路をシンプルにしてこれまでにかかっていた余分なコストをカットすることで、
お手頃な価格で購入できるように実現しています。
しかも目利きのプロが選んだカニを楽しむことができるのですから、良い時代になっていますよね〜♪


このページの先頭へ戻る